『ひかりのころも』いり米ぬか

精米したての鮮度のよい生ぬかを手作業でじっくりと丁寧に煎り水分をおよそ10%へらします。
その後、ふるいにかけて口当たりをよくしています。
酸化を防ぐために脱酸素剤を封入しパック詰めしています。