米ぬかって食べられるの?

「ぬか漬けや堆肥に使うのはしっているけれど、ぬかって食べられるものなの?

と言われる方もいらっしゃると思います。
ぬかには多くの栄養とおいしさが詰まっています。

【米ぬかとは何か】

米ぬかは玄米を精米し白米をとった後に残った粉で、白米の上をおおっている糊粉層、種皮、果皮、胚芽を削り取ったものです。

【主な栄養素】

  • 食物繊維
    第六の栄養素として注目されている便秘を解消し、体内の毒素を排出し腸内環境を整える。
    コレステロールの上昇を抑える。
    高脂血症を抑える。
    糖をゆっくりと吸収させ食後の急激な血糖値上昇を防ぐ。
  • ビタミンB1
    糖質をエネルギーに変える効果があるため、不足すると疲労感が増す。
    水溶性のため体内に蓄えておくことができないため、毎日とる必要がある
    栄養素。ぬかには他の食品にくらべてダントツに多く含まれている。

    豚肉の約2倍 ゴマの2.5倍
  • タンパク質
  • 脂質(植物ステロール)
    コレステロール値を下げて小腸でのコレステロールの吸収を妨げ、脳疾患や
    心疾患を予防する。
  • 糖質
  • ビタミンE
    胚芽部分に含まれている。
    抗酸化作用が強くシミ・くすみに効果あり。
    コラーゲン組織に働き皮膚をいきいきとさせる。
    若返りのビタミン